YouTubeで詳しい整形攻略発信中YouTubeを見る

根強い人気!外国人顔になる方法①

今回は長年にわたり
根強い需要のある

外国人顔になる方法について
『徹底解説』していきますね。

男性も女性も美形というと
少なからず
外国人顔の要素を持っていますね

例えば、、、
・鼻が高い
・二重で目が大きい
・目元の彫りが深い
・小顔でEラインがある
・歯並びが綺麗

実は日本で行われている
整形のほとんどが
外国人顔になる手術なんですね

長くなりましたが
外国人顔になる整形5選です。

1.前額形成
2.顎、口元形成
3.鼻尖形成
4.鼻筋形成
5.目頭切開や二重形成

今回は、その中でも
特に外国人顔になるために必要で
理解されてない方の多い

『前額形成』について
解説していきますね。

目次

前額形成

わかりにくいかもしれませんが
外国人は『彫りが深い』です

彫りの深さとは
眉間部と額の突出です。

日本人の方と比べると
わかりやすいですね

前額形成の方法

前額形成の方法は
・額プロテーゼ
・脂肪注入
・ハイドロキシアパタイト
・ヒアルロン酸注入
・メタクリル酸エチル

などがあります。

額プロテーゼ

額の皮膚は薄いため
既製品だと額の形に合わず

角が浮いて不自然になることがあります。
CTをとってオーダーメイドで製作すると

赤線の傷三箇所から
目立たずに挿入が可能です。

脂肪注入

今ではかなり流行りの手法ですが
デメリットとしては
額はそもそも脂肪の少ない部位ですから

なんとなく違和感がある

また、自家組織は吸収があるので
形の最終系が予想しにくく
2度、3度の手術が
必要な場合が多いです。

傷口は針の大きさなので
ほとんどできませんし
目立ちません。

ハイドロキシアパタイト

アパタイトは少量の切開から
額を形成できますが

手技の際
ひたいを皮膚側から見ての
手術になるので

相当熟練した方の
手術でないと軽度の凹凸が
目立ってしまうことがあります。

傷口は下記です。

ヒアルロン酸注入


ヒアルロン酸は必ず吸収されるため
試験的に額を出したい場合には
向いていると思いますが

必ず吸収されるということは
ランニングコストがかかりますから

流行りなどによって
額の形を変えたい方や
ランニングコストが気にならない方は
おすすめの手術になりますね。

メタクリル酸エチル

一番手術の際の侵襲が大きいですが

一番美しく形を作ることが可能です。

切開部分は
頭の後ろ半周、赤線部です

手術から半年一年経てば
目立たなくなることがほとんどで

しっかりとCTから型をとるので
形が本当に美しく
プロテーゼやアパタイトでは難しい

『彫り』にあたる
眉間部の突出を作るなら
確実にこの手技になりますね。

ちなみに
額だけをバランス良く前進させた場合の
山崎賢人さんはこのような感じ

外国人のように
彫りを深く、眉間部まで
高くすると下記の感じ

これでは、
鼻も顎もバランス的に
おいていかれているので

顎プロテーゼ
鼻中隔延長
鼻プロテーゼor自家組織移植

を合わせて外国人顔にすると
こんな感じです。

ただし誰でも
彫りを深くできるかというと
話は違って

人がバランス的に
額を膨らませるのには
限界があります。

それは
口元のラインまでです。

ここを超えて額を出すと
不自然極まりなく

コブダイのようになってしまいます。

また、
額を出すときは
バランスとして
鼻、顎が物足りなくなるので

外国人顔になりたい方は
しっかりと
バランスを見て
前額形成をするべきでしょう。

今回は額形成について
お話ししていきました。

次回は
前額形成による正面顔の変化
について

徹底解説していきますね。

公式LINE登録でプレゼント!!

あなたを
当サイト公式ラインに招待いたします。

気になる方は、
『美』の情報を取得する
をクリックして、友達追加をお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次