YouTubeで詳しい整形攻略発信中YouTubeを見る

横顔にこだわりすぎると正面顔はブスになります。

今回の記事では
完璧な横顔にこだわると

正面顔の顔貌を損なうことがある事と
その理由を解説していきます。

この記事を読んで得られるメリット

・自分の目指すべき横顔
・自分が美しくなるために適した整形手術
・美しい顔になるための横顔のバランス

美しい横顔のポイントは5つあります。

1.引っ込んでいない額
2.バランスの良い高さの鼻
3.整った鼻唇角
4.前に出た立体的な顎先
5.脂肪の少ないフェイスライン

上記5個が美しい横顔の条件です。

目次

引っ込んでいない額

まず額が引っ込んでいないとはどういう事なのか

美しい顔の真剣佑さんですが
額が引っ込んでいます。

では引っ込んでいないとどのようになるのか

横顔がハーフっぽくなりますね
ちなみに画像での再現は難しいですが
正面顔だと
・立体的で彫りが深くなる
・額が少し長くなる

このような変化があります。

なぜこの様に見えるかというと
西洋人は東洋人に比べて額が前に出ているからなんです

一般的に日本人の言う
『彫りの深さ』は
この部分を指していますが

実際の外国人の堀の深さは
ここで形成されています。

また西洋人は横顔で見ても
このように額が出ているので
額が前進するとハーフ顔に見えるんですね。

真剣佑さんの場合は眉間の突出もあり
相対的に額が引っ込んでいるのもありますが
実際に更に額を引っ込めると

このようになり少し類人猿のような顔になります。

このように美しい横顔には
前に発達した額は必要な条件となっています。

バランスの良い高さの鼻

Eラインを結ぶ上でも
立体的な顔を作る上でも
鼻の高さは非常に重要です。

アジア人に比べて欧米人は
鼻も高く顎も前に出ているために
Eラインではなく
口元が当たらない「ハリウッドライン」ですが

アジア人は額も口元も
欧米人に比べて前方突出していないため
ハリウッドラインになると
この様に顎と鼻が目立ちすぎてしまいます。

通常でも美しいEラインですね

鼻先と顎先を前に出した
ハリウッドラインです。

非常に美しい横顔ですが
斜め顔だとこの様になってしまいます。

額や鼻根に対して
鼻先と顎が前に出過ぎていますね。

そのせいで鼻が大きく見えてしまいます。

もちろん正面顔で見ても
鼻と顎が目立ちますし
額は引っ込んでみえ
不自然な顔つきになります。

この様に必ずしも
真横顔での完璧な美しさが
斜め顔や正面顔に適用されるわけではないのです。

また鼻が長くなれば
目も相対的に近く見えますし

顎が前に出たら相対的に
人中が短くなりますので
今とは違ったバランスになってしまいます。

整った鼻唇角

聞きなれない言葉でしょうが
画像の赤丸の角度のことです。

ちなみにこの赤丸の部分は
鼻柱基部とも言うのですが
この部分が発達していると
横顔が立体的で整いやすいです。

鼻唇角の理想は男性は90~95度
女性は95~105度が理想とされていますが

私の見解ではこれでは不十分です。

広瀬すずさんは100度くらいで
理想的な鼻唇角で整っています。

では鼻柱基部を引っ込めてみましょう。
多くの日本人は鼻柱基部が
それほど出ていないので一般的な感じにします。

これだとどうでしょうか

これでは鼻唇角は80度くらいで整っていません

それを口元ではなく鼻の角度で
改善しようとするとこの様になります。

鼻唇角は整っていますが
これでは豚鼻です。

またこれでは鼻の下も長くなってしまうので
正面も横顔も美しいとは言えません。

これが難しい点なのですが
ではこの様な方が整形をする場合に
鼻中隔延長を選択し手術する場合に
鼻先を下げると今度は鼻唇角が整わないことになります。

この時に鼻柱基部を前進させるという
選択肢が頭にないと美しい横顔を作ることはできません。

またこの画像でもわかるとおり
鼻柱基部が前に出ている方が
横顔は美しくなりやすく

正面顔でも口元が引っ込んで見えます。

調べてみたらわかりますが
人気の芸能人のほとんどが
この様な横顔になっていますね。

また反対に口元が出ているという特徴の方は
鼻柱基部が後退している方が多いです。

この様に口元がこんもりしている方は
・鼻柱基部が引っ込んでいる
・歯が出ている
・鼻柱が引っ込んでいる

と言う特徴があるので
改善策は他のパーツや額、顎などのバランスを見て
治療していく形になります。

前に出た立体的な顎先


当然Eラインを結ぶためにも
顎先の突出は非常に重要です。

美しい芸能人の横顔で
顎をなくすとその影響は顕著です。

この様に横顔でも
凛々しく美しい顔立ちから離れてしまいます。

また当然顎も正面顔から
短くなってしまうために人中も
相対的に長く見えますし
それ以上に立体感が与える影響は大きく
正面顔でも野暮ったくなってしまいます。

また、シャープな顎先も美しいですが
男性のように幅のある顎だと
将来的にフェイスラインがたるみにくく

横顔でのラインも美しく強調されやすいです。

ですが顎幅が大きいと
顎の面積が広く見えるため
顎が長い方はあまり似合わないですので
気をつけてください。

また正面顔のために
理想の横顔を諦めた方がいい理由は

横顔での山下さんの顎は
Eラインには届かずもう少し突出した方が美しいです。
実際に顎を出すとこの様になります。

Eラインも整い美しくなりますが
実は山下さんは正面顔では
顎が少し長いんですね。

なので前に突出させると
顎がより長くなってしまうのです。

真横顔で人の顔を見る機会はあまりありませんし
斜め顔では顎も突出して見えますので
顎の突出がこの程度であることで
美しい正面顔になっていると言うことです。

脂肪の少ないフェイスライン

上記全ての条件を満たしていても
太ってしまってフェイスラインが乱れては
一気に美しさは損なわれてしまいます。

まさに百聞は一見にしてならずですね。

土台が良くてもそれは
美しい輪郭がわかりやすい状態だからこそです。

正面顔のために横顔の理想を妥協する理由


上記の理由から
美しい横顔の特徴は理解できたと思いますが

それではなぜ理想とする横顔を
正面顔のために諦めなければいけないのか

理由は解説の中にもありましたが
『突出度合いは正面顔での大きさや長さに関わる』
からなんです。

理想とするEラインのために
鼻先を高くしたら
鼻は確実に長くなります。

立体的で美しい額にしようとしても
額は長くなりますし
目の位置が低く見えます。

それが理想の正面顔の配置ではなかったら?

それが整形のいたちごっこに
迷い込んでしまう理由なのです。

顔の配置やパーツは
一部位だけを切り取り考えるするのではなく
相互作用を知ることが大事なのです。

芸能人やモデルが
完璧ではないのに美しいのは
相互作用によってマイナス面を
補填しているからなんですね。

公式LINE登録でプレゼント!!

あなたを
当サイト公式ラインに招待いたします。

気になる方は、
『美』の情報を取得する
をクリックして、友達追加をお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次